パソコンの温度管理 - アフィリエイトで稼ぐための知識と思考

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンの温度管理

タケオです。




最近暑くなってきたので


CPUとハードディスクの温度が気になります(;^ω^)


CPUやハードディスクの温度を見るには
これなんかがいいと思います。



http://d.hatena.ne.jp/wwwcfe/20100426/coretemp



http://nihongo.syuro.com/tag/speccy/





温度表示を見ているとよくわかるのですが

作業している時と作業していないときの温度差が

5℃ぐらいあります。



作業している時の方が温度が高いです。



7月だと部屋の気温が28℃~30℃(昼間の12時~1時)

CPUの温度は55℃を指しています。



これがいくつも作業したり

プラウザをたくさん開けたりしていると

60℃以上になってきます。



CPUは機種によって色々ですが

僕のPCは3年前のCeleron M 530というCPUで

限界温度は65℃~70℃ぐらいだと思います。



最新の複数コア(Core2など)はもっと発熱量が多いかもしれません。

単純にコアが多くなると電力消費量、発熱量も大きくなりますから。




限界温度を超えた状態で長時間使用すると

熱暴走という厄介な症状になり

最悪CPUの回路が焼け付いたりして

起動不能になります。



ですので今から夏場にかけては

温度管理は重要になってきます。



ハードディスクはだいたい55℃~65度くらいが限界?

ノートとディスクトップで若干違うと思いますが

それぐらいだと思います。



ハードディスクも限界温度以上になると

中のディスクが焼け付いたり

読み取りとディスクが接触している部分が

溶けてくっついてしまい起動不能という自体になったりします。



作業していて頻繁にフリーズするようなら

要注意です。



お部屋の扇風機やエアコンをつけて温度を下げるか

いったん電源を切ってパソコンが冷えるのを待ち

冷えてから再び起動するのがいいでしょう。



アフェリエイトで稼ぐための作業をしていても

一番大事なパソコンが潰れてしまっては本末転倒ですので

熱対策はしっかりされることをオススメします。



エアダスターなどで内部のチリやホコリを取るのも効果的です。






■あとがき


梅雨の末期ということもあり

各地で集中豪雨が心配ですね。




水の怖さはインド洋津波の映像を見てから

ほんとに怖くなりました。





山の手におられる方は土砂災害に注意ですね。



ではではタケオでした。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://takeoheven.blog109.fc2.com/tb.php/90-6d0194d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。